あかま歯科クリニック

【事前予約でご来院ください】

よくある質問

よくある質問

Q

子供も定期検診が必要ですか?
  • 小児歯科

A


当院の定期検診では、虫歯の有無はもちろん、歯並びや噛み合わせ、ご家庭での生活習慣についても注意深く確認させていただいております。

ここで質問ですが、皆さんは大切なお子さんにどの様に成長していってもらいたいですか??

私にも子供がおりますが、健康的で生き生きと元気に育ってほしい。と思うのは皆さん共通の親心だと思います。それに加え、将来自分たちの手を離れた後でも我が子が自分の体を大切にし、健康の大切さをまたその家族に伝えていってくれると嬉しいですよね。

あかま歯科クリニックでは、そんな素敵なご家族が増えてくださる事を切に願い日々診療にあたっております。

その入り口として、赤ちゃんのお口をまず健康にしたいと思います。小さな子供には無限の可能性があります。生まれたばかりの赤ちゃんで虫歯がある子はいません。虫歯になったり、歯並びが悪くなったりという問題は主に後天的な生活環境によって生まれます。

それに早く気付き適切なアドバイスをするのも私たち歯科医院の役目です。1歳半検診では、もう既にお口の中に問題の予兆は出ていることがあるので、歯医者デビューは早ければ早いほど良いです。

今現在虫歯はなくても、兄弟関係で甘いものが周りに溢れているという情報や歯磨きを嫌がるという情報からも後々の虫歯のリスクは感じ取られます。

また、どんな物をよく食べるか、指しゃぶりをするか、離乳はいつか、授乳の仕方はどうだったか、寝るときはどんな体勢で寝るのか。そんな情報からも歯並びがどうなっていくかの予想も立てることができます。体の筋肉や骨が柔軟な子供は、そんな小さな環境の変化によって様々な影響を受けます。そして、それが将来の健康を左右していくものです。

とはいえ、何もかも完璧に100点を目指すなんてことは無理です。私もできていません(汗)

それでも、大事なお子様が今後より良いお口環境を手に入れて、健やかに育っていけるようにするには、ご家族の方の協力が欠かせません。ぜひ、歯医者を利用してください。心配なことや気になることは、なんでも相談してください。親御さんが、多くの正しい知識をつけることで、私たちの見えないご家庭での問題も改善することができるかもしれません。

お子さん達にも歯医者は楽しいところだ!早く歯医者に行きたい!と思ってもらえるよう、イベントを行ったり、頑張った後のご褒美を用意しています。子どもが大好きなスタッフばかりですので、安心して通ってください。

お子さんのお口の情報をしっかり管理するために、キッズクラブもできました。お子さんによって歯磨きがちゃんとできているかや、お口の環境によって、定期検診の間隔には多少違いがありますが、変化の多い成長段階ですので、定期的に様子を見させていただけると良いかと思います。

今後も親子の皆様に寄り添いながら、来院を楽しみにお待ちしております。

 

Q

歯がしみる。これって虫歯?
  • むし歯
  • 一般歯科

A

冷たいもので歯がしみる。穴が空いてるわけでもないのに歯がしみる。

こんな症状ありませんか?この原因にはいくつかのことが考えられます。

一つ目はいわゆる虫歯です。写真のように歯と歯の間の見えない部分に虫歯が出来ていてしみることがあります。しかし、虫歯でしみるようになるのは基本的にかなり進行した状態です。

2つ目は歯磨きのしすぎで起きてしまう、知覚過敏です。

当院に来院される患者様で歯がしみる原因として最も多いものがこのくさび状欠損による知覚過敏です。

歯磨き粉には研磨剤と呼ばれる成分が含まれており、歯の表面をわずかに削って歯をツルツルにしています。

この研磨剤の作用と、歯ブラシの毛先で歯を何度も磨きすぎることによって歯の表面を削ってしまうことで写真のようなくぼみが生じ、ここに水や歯ブラシの毛先があたり歯がしみてしまいます。

3つ目は歯に入ったヒビ(クラック)です。

写真の矢印の先の歯の表面にヒビが入っているのがわかりますか?

歯は硬い組織ではありますが、陶器のお皿やガラスのように瞬間的な強い衝撃でヒビが入ってしまうことがあります。

例えば、硬いものを習慣的に食べていたり、歯ぎしりや食いしばりをしていたりするとこういったヒビが入りやすくなります。

こういったヒビが歯の内部まで深く入り、歯がしみる症状が出る方も最近多くなってきています。

当院では、このような歯がしみるという症状に対し、様々な原因を考え、色々な対策を行なっております。

お困りの方は是非ご相談ください。

Q

子どもが指しゃぶりをしてしています。指しゃぶりを続けると何か悪い影響がありますか?

A

指しゃぶりは、お子さんの年齢によって影響が異なるので、対応の仕方も成長に合わせて変えていく必要があると考えています。

実は、お母さんのお腹の中にいる胎児期から指しゃぶりは始まっています。お腹のエコー写真で分かることもありますが、哺乳の練習をしているのだそうです。

そして、生後まもない赤ちゃんは、口と手の感覚がとても敏感です。この時期は、口や手から脳に伝わる刺激が多いため、その感覚器官としての役割は非常に大切になります。

生後2ヶ月ころまでの赤ちゃんは自分の手を自分の体の一部として認識していないので、指しゃぶりをしたりこぶしを舐めるなどのお手々遊びを通して自分の手の感覚をつかもうとしているのです。

認識するまではしっかりしゃぶらせる必要があり、それが意味のあることと言えます。

また、3〜4ヶ月頃になると離乳期へのステップとして、意識して赤ちゃんはお手々などを口に入れ、咬む(食べる)練習をするようになります。

5〜6ヶ月頃では、身近なものの認知のために、口や手を使って確かめようとします。

ぜひこの時期の行動を温かく見守ってあげてください。

乳児期後半になってくると、体の筋肉や神経も発達してきて、手指で物を掴めるようになるので指しゃぶりは減ってきます。

では、その後も指しゃぶりが続く場合、いつから気にかければ良いのか?ということなのですが、歯並びに影響が出始める時期というのがポイントです。

乳歯が全て生え揃うのが個人差はありますが、大体3歳頃になります。この時期までに止めることができれば、自然に治癒することが期待できます。ほとんどのお子さんは、この3〜4歳になると保育園や幼稚園で昼間を過ごすことなどから指しゃぶりは減少してくるとは思いますが、なかなかやめられない子の中には、敏感で感受性の高い子が多いともいわれています。

なので、無理やりやめさせたり叱ったりするというよりは、お子さんの気持ちに寄り添い、不安な時は抱きしめてあげるなどのコミュニケーションをしっかり取ることも大切です。また、指を口に持っていきそうになったら、お手々を使った遊びに誘ったり、手をつないだりするのも良いかもしれません。

そして、気になる指しゃぶりによる影響ですが、以下のようなことが起き得ます。

①指が障害物になり、前歯の噛み合わせが合わなくなり、上下の歯の間に空隙ができる。(これを開口という)

②前歯で噛めないことで、適正なひと口量が保てないため、咀嚼能率が下がり、咀嚼機能が低下する。

③飲み込む(嚥下)時には、前歯の上下の空隙を埋めようとして、舌を前に出す異常な嚥下がみられるようになる。

④異常嚥下により前歯が押されると開口が悪化する。

⑤口を上手く閉じられないので口呼吸になる。

⑥口呼吸になると、口周りの筋肉のバランスが崩れ、開口が悪化する。

⑦口を開けたまま嚥下するので、異常嚥下の癖がつき開口がさらに悪化する。

⑧口呼吸による慢性的な口の乾燥により、虫歯・歯周病になりやすくなる。

⑨口呼吸により、顎が下に下がるので舌の位置も前方に出て低くなる。

⑩舌がいつも低い位置にあると、発音時には舌を上下の歯の隙間に挟みこむので、舌足らずな発音となる。

このように、指しゃぶりから始まる、お口周りへの悪影響は色々と考えられます。

なかなかやめられない。どうやって子供にやめさせれば良いか分からないと悩んでいる親御さんのお力になれますよう、私たちも一人ひとりのお子様の個性に合わせて一緒に考えて参りたいと思っています。

 

Q

イヤイヤ期の歯磨きはどうしたらいい?
  • 小児歯科

A

歯が生える前の赤ちゃんのお口のお掃除は、ガーゼを使ってミルクや母乳の汚れを拭き取ることをお勧めします。

小さいうちから、お口の中を触られることに慣らしておくと、後の歯磨きがスムーズにいきやすくなります。

歯が生え始めたら、まずは危なくないように見守りながら自分で持たせてみましょう。

おもちゃ感覚でお口の中に入れることで、抵抗を無くすことが目的です。

また、この頃の赤ちゃんは、大人の真似をしたがります。ご家族が歯磨きをしているところを見せて、楽しい雰囲気を感じてもらいましょう。

離乳食が始まったら、食卓に歯ブラシを置いて、食べたらすぐ磨く習慣をつけるのも良いかもしれません。

1〜2歳児はイヤイヤ期も重なり、特に仕上げ磨きが難しくなりますが、歯磨きを嫌がるお子さんには、普段とは逆に親御さんのお口の中を、お子さんに磨いてもらってはどうでしょうか?きっと、面白がって磨いてくれることと思います。

また、2歳児でも、なぜ歯磨きをするのかの理由を伝えることが大事です。

2歳だから、何を言ってもわからないかというとそうでもありません。

綺麗な歯の写真とそうではない写真を並べて見せて『どっちが好き?』『格好良い歯はどっち?』と聞いたり、

『お姫様の歯(かわいい歯)はどっち?』などの聞き方も分かりやすいです。

仕上げ磨きも、無理に磨いたり叱ったりはせず、お子さんの機嫌の良い時をねらって楽しい雰囲気で行うことが大切です。

磨き方は、お子さんを膝の上に仰向けで寝かせ、歯ブラシをペングリップで持ちます。

歯ブラシの先が、歯茎や喉の奥に当たると痛くて歯磨き嫌いの原因になるので、人差し指でほっぺを奥から広げながら優しく丁寧に磨いてあげてください。奥歯の側面を磨く時はお口を開けすぎると、歯ブラシが入りにくくなるので軽くお口を閉じてもらいましょう。

上の前歯の付け根にあるスジは特に痛みを感じやすいので、しっかりと上唇をめくり、指でその部分を隠して縦磨きで磨いてあげると痛みが少なくなります。

歯ブラシの当て方は、毛先を歯面に対して直角に当てて、唾が細かく泡立つように、優しく細かくコチョコチョ磨くと良いでしょう。

お気に入りの歌を歌いながらリズムに合わせて磨いていくのも楽しくなりますね。

案外、普段ママが磨いているご家庭は、パパに仕上げをお願いするとすんなり出来たということもあります。

それでも、どうしても嫌がって出来ない時はお休みしても構いません。そんな時はガーゼで汚れを拭き取ったり、うがいだけにしても良いでしょう。ただし、甘いものの取りすぎには気をつけてください。

毎日の歯磨き、大変だと思いますが親御さんが笑顔でいることが1番です。

親子の触れ合いを通して楽しみながら、歯磨きの大切さやお口を清潔にすることの気持ち良さをお子さんに伝えていけることを願っています。

Q

歯医者にはどこから、どうなったら行くべき?
  • むし歯
  • 一般歯科
  • 歯周病

A

虫歯や歯周病は細菌が原因ですが、コロナウィルスと同じ“感染症”です。

しかも、人類の90%以上が保有している、人類最大の”感染症”です。

多くの方が保菌者であり、いつ発症してもおかしくありません。

痛みが出る頃には、感染が重度に及んでいることが多いです。

痛みの原因の多くは、神経までバイキンが入り込んでしまっている場合や、骨にまでバイキンが侵入してしまった場合です。

体の中に細菌が侵入してしまっていると思ってください。

虫歯は歯という骨より硬い、体の中で最も硬い組織を溶かす恐ろしい病気です。

また、歯周病は歯を支える骨を溶かし、歯は虫歯になっているわけではないのに、抜けてしまったり、歯茎が痩せてしまったりする、これまた恐ろしい細菌感染症なのです。

そのため、例え痛みや不具合がなくても、半年に1回は定期検診に通われることをオススメします。

もし、痛みやかみづらい、違和感がある、色が黒い、気になるなどの不具合がある場合は出来るだけ早期に歯科医院を受診し、診断を受けてもらえると安心です。

感染症である、虫歯や歯周病は定期的なチェックを行い、発症や悪化を遅らせることで健康なお口の中を維持してもらえるよう当院は『予防歯科』に力をいれています。

病は口からです。

スタッフ一同、心を尽くして対応して参りますので、安心してご来院ください。

Q

奥歯の黒い点は虫歯ですか?
  • むし歯
  • 一般歯科
  • 審美治療
  • 小児歯科

A

奥歯が黒くなっていることありますか?

奥歯が一部黒くなっている際、みなさんすぐに虫歯を連想しがちかと思います。

もちろん虫歯のこともありますが、”歯の溝への着色”や”詰め物の着色”、”たまたま食べかすが溝に詰まっていた”など黒く見えてしまう原因は他にも様々考えられます。

写真のようなわずかな着色は溝に着色物が沈着し黒く見えている状態です。

写真1 溝の着色

当院ではこのような場合は、経過観察させていただくか、溝が深く食べかすがたまり虫歯になりやすい状態である場合は『シーラント』と呼ばれる溝をあらかじめ虫歯になりにくいように埋めておく処置を行わせていただいております。

あなたの「奥歯の黒い点」、虫歯かもと諦めず、是非一度見せて頂けるとありがたいです。

参考までに、もう一枚写真の下の歯の間の穴は虫歯、上の歯の溝が黒くなっている部分は虫歯ではありません。

Q

以前別の医院で治療した歯の再治療をしてもらえますか
  • むし歯
  • 一般歯科

A

当院で再治療可能です。以前の治療箇所にトラブルがあるのであれば、もう一度レントゲンなどで検査を行い、被せ物や詰め物を一度外してむし歯の治療をし直したうえで、新しい被せ物や詰め物を作製します。

TEL
WEB予約
CONTACT
MENU

ページトップへ戻る