あかま歯科クリニック

【事前予約でご来院ください】

インプラント

インプラントとは?

歯が抜けた場合の処置方法のうちの1つです。
人工の歯の根を歯の無くなった顎に埋め込んで歯の土台を作り、さらに咬み合わせる部分を作る方法です。
インプラントは手術が必要となるため、十分な説明を行います。ご不明点や不安などありましたら、気兼ねなくお尋ね下さい。

Meritメリット

  • 隣の歯への負担がない
  • 残存歯を長く持たせる事が出来る
  • 隣の歯を削らなくて良い
  • 自分の歯のように噛む事が出来る

Demeritデメリット

  • 手術が必要
  • 骨の状態によっては出来ない場合や追加の手術が必要になる
  • 期間(3ヶ月~半年)がかかる

当院のインプラント治療

CT撮影・診断装置へのこだわり

通常のレントゲンでは平面的にしか骨の量を判断することが出来ませんが、CT撮影・診断装置を用いて、3次元的に骨の量を診断します。
さらに専用の診断シミュレーションソフトを用いてコンピューター上で実際にどのようにインプラントを入れることが出来るかを調べます。

サージカルガイド

CT撮影後、コンピューター上でシミュレーションした位置に正確にインプラントを入れるために用います。
当院にあるCAD/CAMシステムを用いて作製し、安心・安全な手術を実現します。
ガイドは基本的に一手術に対し、必ず一つ作製させて頂きます。

骨造成術

ソケットプリザベーション

抜歯した直後の穴の部分に人工の骨を入れ、骨の吸収を防ぎインプラントを入れることが出来るようにする手術です。

ソケットリフト

上顎の薄い骨の部分にインプラントを入れることができるよう上顎の骨の空洞(上顎洞)に人工の骨を足し、インプラントを入れることが出来るようにする手術です。

GBR

インプラント手術の前や手術中に骨を継ぎ足し、インプラントの周りの骨を人工的に増やす手術です

サイナスリフト

上顎の骨が極端に薄い症例で上顎の骨の空洞(上顎洞)に大幅に人工の骨を足し、インプラントを入れることが出来るようにする手術です。

インプラント治療の流れ

  • Step01
    診査・診断・治療計画

    口の中の状況(残存している歯、顎の骨、歯ぐきや粘膜、咬み合わせ等)を細かく診査していきます。全身の状況についても必要に応じて内科等の主治医と連携します。診査の結果から診断し、治療計画を立てます。

  • Step02
    術前処置

    現在、歯周病にかかっていたり、何か問題点があれば事前に処置します。また、インプラント治療の成否の鍵を握るのは歯に付着した汚れ(歯垢)をいかに除去できるかです。

  • Step03
    インプラント埋め込み手術・術後管理

    骨にドリルを使って(細いものから必要な太さまで)インプラントを埋め込むための穴をあけます。
    その穴にインプラントをねじ込んでいきます。 仮の歯をかぶせます。

  • Step04
    上部構造(入れ歯の部分)の作製と装着

    歯ぐきが元の状態に戻れば、型を取って上部構造を作製します(咬めるようにする)。この操作は自分の歯の型を取るのと変わりません。咬み合わせの状態も確認し、最終的な固定式又は取り外し式の入れ歯ができあがります。

  • Step04
    メインテナンス(定期検診)=成功のキーポイント

    インプラントは天然の歯とは全く違います。人工臓器です。咬み合わせ・口の中の清掃状態・上部構造固定ネジのゆるみ・上部構造破損の有無・骨の状況等定期的にチェックしなければなりません。

インプラントの症例

オールオン6


  • Before


  • After

年齢 65歳
性別 女性
治療期間 1年3か月
費用 ¥3,000,000
治療方法 上顎6本インプラント埋入
上顎両側サイナスリフト
メリット
  • 全ての歯がダメになってしまった症例でも、効果的にインプラントの位置を考えることで、本数を少なくし、取り外さないキレイな被せ物で対応することが可能
デメリット
  • 費用がかかる
  • 期間がかかる/li>
  • 骨の状態により大きな手術が必要になる
オールオン4とは

All-on-4(オールオン4)とはポルトガルのドクターマローによって開発されたインプラント治療です。
もちろん、支えるインプラントの数が多いと悪いという事は全くありませんが、 All-on-4はインプラントを顎の骨の硬い部分のみに埋入することで4本のインプラントのみで義歯を固定するというコンセプトです。

左下インプラント埋入

  • Before

  • After

年齢 70歳
性別 女性
治療期間 6か月
費用 ¥650,000
治療方法 左下インプラントブリッジ
メリット
  • 費用と対合の歯の本数、かみ合わせの力が比較的強くない方であったためインプラントによるブリッジで対応しています。
デメリット
  • 手術の必要がある
  • 費用がかかる
  • 期間がややかかる

前歯のインプラント

  • Before

  • After

年齢 73歳
性別 男性
治療期間 5か月
費用 ¥400,000
治療方法 前歯部抜歯即時インプラント埋入
メリット
  • 歯を抜いたと同時にインプラントを入れることで自然な歯茎のラインを獲得することができました。
デメリット
  • 手術の必要がある
  • 費用がかかる
  • 期間がややかかる

(※治療の効果には個人差があり、適応可能かどうかには十分な診査が必要となります。来院の上、ご相談ください。)

インプラント担当医師からメッセージ

インプラントは現在無くなってしまった歯をあたかもあるように回復する唯一の方法です。
差し歯や入れ歯では無くなってしまった歯にかかる咬む力を他の歯で補わなければならず、負担がかかってしまいます。結果さらに歯を失ってしまうという結果に長い目で見るとなってしまいます。
しかし、あくまでもインプラントは自分の歯ではありません。車に車検があるように、インプラントは物なので、処置後の定期検診が欠かせません。
そのため、インプラントは大切な自分の歯を守るために入れるものという位置付けで考えて頂くことが良いかと思います。
また、当院では見た目と噛み合わせにもこだわり、より自然で、長持ちしやすいよう治療を行なっております。

TEL
WEB予約
CONTACT
MENU

ページトップへ戻る